2013年01月17日

今年の焼き物

今年は新年早々 2日から のんびりと
上にある ひろさんの穴窯に 火入れをさせてもらい
先週 窯だししました

窯炊き終了後 数日冷めるまで待ってから
ブロックと粘土で積んだ蓋を ハンマーで外していく


   



新年のおめでたい窯に 作品を入れさせてもらおうと
年末せっせと 制作していたのでした
土を触っている時も 趣くまま形にしていく
ここで使ってみたのが 手紡ぎコットン







編んだコットンを押し当て 模様をつけてみました
一体どうなるんだろう… それが楽しい

特に薪窯の焼き物は 全然違った姿で出てくる
空気 風 火の加減で 薪が灰になり 粘土を覆う
その灰が高温によって ガラス質へと変化する
どこでどうなるか その微妙な加減は 自然の計らい

今回 自然から頂いたデザインは






良い具合に灰がかかってくれて 白い釉薬に変身
野原に雪が積もった景色のような器
なんで見るたび 感動してしまうのだろう






カップ&ソーサーも 作ってみました
お気に入りの物が 生活の中にあると
日常のよろこびが 増えていく〜

ひろさんの波動で 心がポカポカしてきます
いつも ありがとう



にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
  Thank for coming to my page             organic life blogmura
タグ:陶芸
posted by 雪 at 20:35 | Comment(2) | てづくりの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年12月23日

茶工場をリビングへ再生


薪ストーブのある リビングルームですが
以前は 母屋の横に建てられていた 茶工場だった
ずっと 土間のまま 倉庫として使っていたのですが
昨年ついに そこまで直すことが出来たのでした

10数年かけて 一件の古民家の 手直しを一通り終え
今年やっと すっきり落ち着いて 暮らせた気がする


土壁に土間の茶工場から 機械類を取り出し
今から 床を張るところ





地元の大工さん 左官屋さんに2〜3日来て頂き
杉板を床に張って 土壁を直して固めてもらいました







建具も入れてもらい 壁はセルフで珪藻土を塗ったのですが
連日職人さん達の 心と体をひとつにした仕事っぷりに感動し
涙を流しながら 横で眺めてました

定年間際の 一見普通のおじいさんなのに
なんて無駄のない 見事な 素早い手さばき…
あっという間に あたたかなお部屋に再生してくれはった












どこまでも 手直し可能な 天然素材のお家
ひとつひとつ 住むほどに 愛情を感じます

お家との出会い そこから再生していく姿はまるで家族みたい
自分の心の状態や 家庭環境がすぐに反映される
夫婦関係がぎくしゃくしていた時は 手放した事さえあった
共にいろんな波を乗り越えて 共に成長してくれた

あ〜 心と体の大掃除が終わったんだなぁ
ちょうど40歳だし 私も再生の気分
何となく 自分の土台もしっかり落ち着いてきた

これからも自身のアンテナを磨き
全身でメッセージを受け 新たな流れにのっていこう〜






にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
  Thank for coming to my page             organic life blogmura

タグ:古民家
posted by 雪 at 20:47 | Comment(2) | てづくりの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年12月06日

ローズゼラニウムの化粧水

うちのゼラニウムですが 霜よけをしたけれど
地植えで冬を越せなかったので 鉢植えにしている

霜も降りてきたので もう刈ってあげようと思い
ハーブウォーターにしました


IMG_3109.JPG



鉢植えでも 元気に育ってくれてます
葉を刈って さらに細かくカットしガーゼに包む



IMG_3114.JPG



包んだハーブを 蒸留器に入れる
沸騰させて蒸気にし それを冷やして液体に戻す
それをポタポタと溜めていく



IMG_3116.JPG



100gのハーブで 500〜1000cc くらいの濃いめのウォーターに 
今回のローズゼラニウム いい香りだったので
フェイス用の化粧水にしよう ♪

ハーブウォーターは お肌が良い状態のpHに近い 弱酸性なので
ぐんぐん自然に お肌へ馴染んでいくのが きもちいい〜

蒸留器がきてから 化粧品類は一切買わなくて済んでいるし
ハーブやお花を活かせるので 育てるのも楽しくなる

いろんなタイプがありますよ
ガラス製 ハリオグラスのハーブウォーターメーカー
銅製 アランビック 蒸留器




にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
  Thank for coming to my page             organic life blogmura
posted by 雪 at 20:14 | Comment(6) | てづくりの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年11月30日

焼き物たち

今月は いろんな事が盛りだくさんで 隙なく動いていたような
ブログの方は のんびり陶芸月間となりました

作品たちも 全て出し終え
これまた いろんな方の笑顔が見られる


IMG_3038.JPG


こんなにたくさん 詰めて焼いてくれてたんです
焼く前と 大きさや色 姿が変容して出てくる


IMG_3039.JPG


ちょっとこの作品 ただものじゃないよね… というものから
子供達による たくさんの粘土遊び作品まで
あの穴窯に 同じように入れて焼いてくれはる

なんてひろく あたたかく やさしいんだろう

どんなものでも 動機やコンセプトが伝わるんだなぁ
全ての作品に 伸び伸びとした 愛を感じた


IMG_3074.jpg


そして私達の作品は・・・
友達のりえちゃんも パートナーのメイちゃんも
無意識に ペアのものを作っていたみたい

私は お皿を数枚作ったのですが
窯詰めの時にはさむ天板に たまたま前回の釉薬が付いていて
それが私のお皿の上にきて たまたまふたつ落ちて
美しいペアの模様に なってくれている

まさか この様な作品に出逢えるなんて
深く深く メッセージがしみこんでいった

目の前の人と 微笑み合い
目の前の人と よろこびを分かち合う
こんな風に 生きていくんだよ〜 と聞こえたのでした





にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
  Thank for coming to my page             organic life blogmura

タグ:陶芸
posted by 雪 at 23:00 | Comment(2) | てづくりの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年11月22日

窯だし

6日間の 窯焚きが終わり
そのまま一週間放置した後 窯だししました


IMG_3012.JPG


火入れ前と一変して 飴色の世界
中に入らせてもらうと まだ温かい

火元の近くは 特に変化が出ておもしろい
釉薬をかけていなくても 薪の灰などがその役割をしてくれている

焼けた土が 輝く陶器となり生まれ変わった


IMG_3022.JPG


IMG_3025.JPG



このような 体験との出会い
今までにない 興奮と覚醒
自分自身もまた少し 変化して深まった気がする

さぁ〜 これから ひとつひとつ 出していきます



IMG_3017.JPG


工房の中には 立派な棚が何段も作られていた
もう どこまで器用で まめなんだろう
60間近の ひろさんの遊び
なんて素敵な 歳の重ね方
いつも私達に 言葉でなく体感で導いてくれる

ありがとう




にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
  Thank for coming to my page             organic life blogmura

タグ:陶芸
posted by 雪 at 13:00 | Comment(2) | てづくりの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年11月09日

只今 窯焚き中


いよいよ窯詰めが終了
最後に大物を置いて 薪を燃やすスペースを作る


IMG_2959.JPG



レンガと土で 蓋をしていく
薪を燃やしやすいように 穴をあけて
温度が逃げないように隙間を埋めながら つんでいく
そして 窯焚きへ



IMG_2988.JPG



火を絶やさずに 徐々に温度を上げてく
2日目にやっと1100℃を超えたところ
中はこれが火の海か〜という感じ すごい音で波打っている

ローテーションで 朝も夜も火を焚き続ける
5日間ほど焚いて 1200℃まで上げる



IMG_3004.JPG



いつもじっとたたずんでいた 煙突から炎が
そして夜も明けてきた
なんという光景なんだろう
写真や言葉では伝えられないなぁ
これが何なのかすら わからない
神秘 なのかな




にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
  Thank for coming to my page             organic life blogmura

タグ:陶芸
posted by 雪 at 14:46 | Comment(2) | てづくりの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年11月05日

いよいよ窯詰め


ひろさんの てづくり穴窯
ついに窯詰めの日がやってきました

IMG_2945.JPG


この穴窯に 焼き物を詰めていく作業
いろんな方が 手伝いに来られていました


IMG_2954.JPG


中に入ってみると 異空間
音が響いて 何とも言えない気分


IMG_2956.JPG


本当に丁寧に詰められていく 焼き物たち
遅くまでご苦労様です
明日も もう少し手伝わせてもらおう

今週 火入れの予定 ついについに窯焚きへ
これが私の中では 待ちに待ったお祭り
楽しみです






にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
  Thank for coming to my page             organic life blogmura

タグ:陶芸
posted by 雪 at 00:16 | Comment(4) | てづくりの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年10月12日

かまどストーブ

キッチンで10年以上使っていた チープな薪ストーブ
去年ボロボロになり さようならしたのでした
今年は新たに こちらのストーブカマドを購入

IMG_2815.JPG



こちらもチープな一万円台
どうして かまどになるのかというと
ふたが取れて 鍋を置いたり 内蓋で何か焼いたりできるみたい
蓋を外してみると



IMG_2820.JPG



ここでお芋とかを焼くのか〜
なんとも お料理メインでも活躍してくれそうな ストーブさん
今年の冬も 火を通しただけの簡単料理になるんだろうなぁ

山に囲まれた この辺りでは
ありがたい事に 製材所さんで余った木を頂ける
下のお家も 薪でお風呂を入れてはって
夕方その煙を見てるだけで 時間がゆっくりと流れる

寒くなるまでに 下の鉄板や 煙突の用意をしよ〜う




にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
  Thank for coming to my page            organic life blogmura
タグ:薪ストーブ
posted by 雪 at 20:45 | Comment(2) | てづくりの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年09月23日

古民家の再生 柿渋

今日も古民家を手直しされてました

IMG_2714.JPG

内側の柱にサンダーをかけて
柱と屋根に 地元の柿渋を塗っていました
下からやりたい〜 と叫ぶうちの子にも
快く塗らせてくれました ありがたいです


IMG_2718.JPG

屋根の上では 普段体験できない爽快感の中で
板金を張っていく作業
本当にみんな楽しそう〜

食事はプロパンガス使って 自炊されてました
昼食はタイカレー

IMG_2711.jpg

料理も作業も 慣れた手つきで
どんどん進んでいってました



タグ:古民家
posted by 雪 at 21:06 | Comment(2) | てづくりの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年09月18日

古民家の再生

京都府で地域力再生プロジェクト というのがあるらしく
近所の板金やさんが 古民家の屋根を直しに行かれる時に
声をかけてくれました

若手のアーティストさんや職人さんが数十名 
主にボランティアで 古民家を再生していくという企画
なんと この町のある古民家も手がけて下さるようで
イベントや音楽などを楽しめるスペースにと… 夢のようなお話


IMG_2697.JPG


ごった返していたみたいなのですが こんなにスッキリ整理して下さいました
屋根の上を直した後 天井内側に柿渋を塗り
周りの壁の板を外し 竹を編んで下地を作ってから
土を塗って 土壁にする予定だそうです


IMG_2702.JPG


その土ですが わらを混ぜて発酵中でした
内側がヘドロのように 臭いと粘りがでてきたら
のりの役目を果たしてくれるので 何も添加しなくてよいそうです
戦前の 昔ながらのオーガニックな家づくり
本当にこれから楽しみです


IMG_2700.JPG


ここも高台で 風も眺めも気持ち良い所でした
私も出来る限り参加して 勉強させてもらいながら
また経過を追って アップしていけたらいいなぁと思っています




タグ:古民家
posted by 雪 at 23:22 | Comment(2) | てづくりの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年09月08日

石窯パン


おなじ町内の 普通の民家なんですが
石窯を作って パンを焼いてはるお家がある


IMG_2662.JPG


この辺りによく見かける 古民家の玄関ですが
ちょっと造りを変えて お茶を飲めるスペースがあり
ようこそ〜と 出迎えてくれているようなお家です


IMG_2660.jpg


奥の倉庫の様な場所も カフェになっている
結構山手なので 見晴らしが気持ち良い〜
開けっ放しで ネパールの山小屋の雰囲気


IMG_2659.JPG


そのまた奥に 自作の石窯があります
ちょうど焼き上がり 出し終えた後でした


IMG_2663.JPG


天然酵母なのに ふわっとやわらかくて食べやすく
薪の 少し燻製のような風味が おいしい〜
口コミで ご近所に売られている 人気のパンです

楽しんで生活されている 開放感
山の空気や景色 ご夫婦の笑顔と相まって
またまたタイムスリップの気分でした



posted by 雪 at 19:40 | Comment(2) | てづくりの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年08月25日

山の上マーケット

今日は近くの山の上でマーケットがあったので
相乗りさせてもらいました

本当に細い山道を ぐんぐん登ってゆき 標高約500メートル
頂上にある 廃校になった小学校が会場
年々大きくなって 外にも中にも お店がいっぱいでした

IMG_2641.JPG


会場に入り 真っ先に向かっていたのが さらに山の中に入っていく道
入り口に 「林の休憩所」 って書いてある
涼の空間を提供しようと 出店者さんが山の持ち主と話をして
昨年から 林の整備をされていたようです
今年は新たに出店とのこと

どんどん細道を奥へ奥へ進んでいくと


IMG_2633.JPG


お兄さんがなにやら カフェ らしきものを・・・
良く見てみると畳があって 茶室のような空間が
林の中の 茶席


IMG_2632.JPG


上から縄で吊るした釜があり 中のお水を炭で温め
丁寧な動きで お抹茶を立ててくれる 和菓子と共に頂きました
これには 夢か〜 と思うほど気持ち良く もう意識がぶっ飛びました

2つ上の写真を 良く見てもらうと わかるのですが
さらに奥の方にも みんながくつろげるように
竹で作ったベンチを いくつも設置してくれているんです
この心意気・・・ この日のために・・・
本当に素晴らしく 愛が溢れる空間でした


ほかの出店や作品たちも 自然・調和・心・ぬくもりを感じれるものばかり

IMG_2637.JPG


IMG_2636.JPG


全てが 出すぎず 引っ込みすぎず 個性的
そしてみんな 穏やかな笑顔
「逝きし世の面影」 日本を感じてきました

今日はかなり満たされ 心の栄養補給となり
未来さえも輝いてきたのでした


山の上マーケット
林の中の茶席 出店者さんのブログ
来年は開催前に告知したいなと思います




posted by 雪 at 22:49 | Comment(2) | てづくりの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年08月23日

ランタン生活

夏休み〜 なんですが
特にどこかへ出かけるわけでもなく
ランタン生活をして キャンプの気分で暮らしてみる

IMG_2621 (2).jpg

もともと茶工場だった場所を
床を上げたり 珪藻土を塗ったりして リビングにリフォームした部屋
だからかな なんだかコテージに思えてくるから不思議

ちょっとしたことで 波動や雰囲気が変わって
ゆらぎのある やすらぎの空間へ

ランタンは安いし 灯油も使用できるから手軽
江戸川屋ランプさん で2千円代からあります
演出効果もある アンティークなデザインも素敵です





posted by 雪 at 22:22 | Comment(2) | てづくりの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年06月14日

山のお水で暮らす

以前大阪で暮らしていた頃は
車で山の水源や神社などに行き 水を汲ませてもらっていた
パートナーと 井戸や山の水を使っている所がいいなぁと
新居を探していて たまたま今のお家に出会った

上のおばあちゃんの話では 昔は直接川に行って 水を汲んでいたそう
その後この辺りの人たちで 家まで流す水パイプとタンクを作り
ありがたい事に 私達は今もそれを使わせてもらっている

山へと向かう 裏の道

IMG_2176.JPG

少し歩いてくと 道沿いに細い川が流れていて
何箇所か 水が溜まるポイントがある

IMG_2178.JPG

そこからタンクまでパイプをつないでいる

IMG_2187.JPG

どうやって作られたんだろう 立派な水のタンク
ここから各家庭の蛇口まで送られる

水を毎回を使うたびに
心から 今日もありがとう みんなありがとう と思ってしまう

食事もそうだが 体への水の影響も大きい気がする
↓ これを見て やっぱり管理されていない天然水のエネルギーってあるなと
野菜と雨水しか摂らない女性 NAVERより
とても70歳には見えない〜との記事

20代の頃 体に負担をかけ 疲れきっていたせいか
ここ10年 歳をとると言うより 若返ってきているように感じる 




posted by 雪 at 19:00 | Comment(2) | てづくりの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年05月23日

おうちで緑茶づくり

新茶の季節で 周りの茶畑は刈り終える頃
うちにも小さなお茶の木がある
まさか庭になっているとは 知らなかったんだけど
近所の人が ここにお茶なってるわ と教えてくれた

IMG_1970.JPG

手を掛けてないので ワイルドに育ってます

IMG_1971.JPG

一芯三葉ぐらいで新芽を摘んでいく

IMG_1973.JPG

これを1分〜2分ぐらい蒸す
むらにならないように 途中でひっくり返しました
青臭さをとばし ほのかに甘い香りになってくる

IMG_1977.JPG

蒸しあがりました
うちわなどで扇いで 表面の水分をとばす

IMG_1978.JPG

そして揉んでいきます
水気が出てきたら フライパンに和紙やクッキングペーパーをひき
その上で揉みながら 弱火でしばらく乾燥させます

IMG_1980.JPG

焦げないように 火から下ろし揉む また乾燥→揉む→乾燥を繰り返す

IMG_1983.JPG

完全に水分をとばし パリパリになったら出来上がり!

IMG_2000.JPG

色は薄いですが 味は濃く香ばしくておいしい〜
暑くなる夏は お茶の酵素が活発になるので紅茶もできる
紅茶が好きだから 夏が楽しみです




posted by 雪 at 20:36 | Comment(0) | てづくりの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年05月13日

セルフビルドの工房たち

以前紹介しました 手づくり穴窯
今回は ひろさんがセルフビルドされた工房たちです

入ってすぐに 木工の工作所があって
変わった形の木なんかを 削ったり 磨いたり
ここから色んな物が 生まれる

IMG_1871.JPG


その隣には 音の部屋
ひろさんのギターやチェロの音が よく聞こえてくる
山で奏でる音や歌は 風にのってどこまでも流れていく

IMG_1868.JPG


窯の奥に 陶芸工房とテラス
土に触れて ただ感じる時間
ここでたくさんの人が 笑顔になり子供に帰る

IMG_1874.JPG

IMG_1876.JPG

自分の手で クリエイトしていく暮らし
遊び心にあふれてるなぁ 憧れます〜


posted by 雪 at 21:08 | Comment(2) | てづくりの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年05月10日

ひのきで 木さじ

また上のひろさん工房へ 遊びに行った時
こないだ木さじが折れちゃって〜 と話すと
ヒノキやったらあるわ〜と言って
奥からヒノキの板とボールペンを持ってきてくれた
そして " どんな形かいな " と バーンッと渡され

IMG_1766.JPG

ええっ! まさか作ってくれんの〜??
木ベラは大きすぎて 使いにくいし・・・
スプーンじゃ 小さく細すぎて折れちゃうし(力入れすぎ?)
とか何とか考えながら おおよその形を描いてみた
そしたら早速ブウィーンってカット開始

IMG_1767.JPG

IMG_1774.JPG

直線は電ノコで カーブはノコギリ 細かい部分は サンダーで
一分足らずで 形になっていた

あぜーーーん と見とれていたが 
ハッと ここで命が吹き込まれる瞬間を撮るんだ! とシャッターをきる
あっ… 後は家で彫ってみます ともらってきました

彫刻刀でくぼみをつけ
やすりで磨いて
食用のオイルをたっぷりしみこませ 拭き取ってあげました

IMG_1856.JPG

IMG_1861.JPG

IMG_1865.JPG

本当に感動しました ありがとう

ひろさんの素敵なところは
見向きもされない 焼かれる寸前の余った木片をもらってきて
磨きあげ もう一度命を吹き込むところ
だからなのか ひろさん自身のオーラも輝いている

次は木ベラもお願いします〜



posted by 雪 at 12:57 | Comment(3) | てづくりの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年05月02日

信楽焼 てづくり穴窯

家のうえにちょこっと茶畑があって

IMG_1759.JPG

この畑を横に入ると ひろさんの工房がある
そこにある 15年前から使っている自作の穴窯です

kama.jpg



IMG_1745.JPG

迫力あります〜
工房も窯も全部手づくり
木工もされてて その辺にあるもので
家具や小物まで 何でもぱぱっと作りはる

IMG_1748.JPG

この ぬくもりのある空間と ひろさんの話が好きで
おいしいお茶を飲みに ふらふら〜っと遊びに行く
そしたらやってみるか〜 って作らせてくれる うれしいなぁ

IMG_1743.JPG

老若男女問わず いろんな人の作品がいっぱい
信楽が近いので 土もだいたいそこのものだそうです

IMG_1758.JPG

こんな素敵な信楽焼 なのにその辺に転がってる…
今回は窯しか撮ってこなかったので また工房や作品も紹介したいな


ちょうど 4月28日(土)から5月6日(日)まで 信楽高原鐵道しがらき駅広場で
しがらき駅前陶器市が開催されていま〜す




タグ:陶芸
posted by 雪 at 17:56 | Comment(2) | てづくりの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年04月28日

ハーブウォーター

庭のハーブたちも ぐんぐん伸びてきた
ミントなんかほっておくと どこまでも広がっていく
そんな時はちょっと刈ってきて 蒸留する
蒸留水は精油を抽出する時にできるもので
ハーブウォーターとして いろいろ使える
ローズウォーターは良く知られているけれど
最近はいろんな種類のハーブウォーターも 見かける

IMG_1362.JPG
今回はミント 細かく切ってガーゼに包む

IMG_1364.JPG
蒸留器に水を入れて ふたの部分にハーブのガーゼを詰める
そして弱火でコトコト蒸気を出して 管を横の容器で冷やす
すると蒸気が冷やされ水滴になり ポトポト出てくる
ん〜 家中がミントのいい香り

IMG_1375.JPG
それを集めるとこんな感じ 
ウォーターはハーブの量や好みで 1回だいたい500ml〜1L弱かな
蒸気にはハーブのオイル成分が含まれているので 上澄みに精油が浮かびます
これをいっぱい集めると 精油(エッセンシャルアロマオイル)になるんですが
少量なんでこれくらいですね〜
このウォーターで 化粧水 虫除け ヘアートニック パック ルームスプレーなど
結構使えるんです

これに精油を足したりする時は スプーン1杯のアルコールを一緒に加える
アルコールにオイルが溶けてくれて ウォーターによくなじみます
私は度数の高いアルコール(焼酎やウォッカ)にハーブを漬るチンキを入れます

IMG_1736.JPG
これをこして使います
その辺のびわの葉や どくだみなどもつけて置くと便利 飲むのもよしです
化粧水には チンキと保湿効果のあるグリセリンかハチミツ少々
リンゴ酢を入れたものは髪や洗濯物のリンスに 重曹で消臭スプレー
などなど それぞれ配合を変えたり香りを変えて作ってます〜


posted by 雪 at 16:34 | Comment(2) | てづくりの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年05月23日

できることから 種まき

暖かくなり過ごしやすい日々
薄着で 窓を全開 気持ちがいい〜

やりたい事がいろいろ出てきて
PCはちょっと休憩し
草を刈って 種や苗を植えたり
春の景色を眺めながら 糸を紡いだり

心も体もなぜか満たされる......

ゆっくりと自分自身で生産していると
必要な事や物はほんの少しで
大切なものは何かが見えてくる

社会やお金のペースでなく
大地のペースと向き合っていると
何やっていても楽しい

そこでまたお世話になりました 野口のタネ
野口のタネ2野口のタネ1

わかりにくいんですが一応うちの畑です
はたけ1はたけ2

以前ブログでアップした
野口のタネはF1処理されていない固定種
できた野菜からタネが採れる
生命力 適応力 生産性のあるタネ

ここから造っていく いのちの社会


    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ にほんブログ村 料理ブログ 
マクロビオティックへ
  いのちの社会を創造 感じて生きるマクロビ 

posted by 雪 at 23:09 | Comment(0) | てづくりの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年03月07日

サンキャッチャー作り

口コミだけで作っている サンキャッチャー

太陽の光が入ってくる場所に吊り下げる 光のアクセサリー

blog sunc.jpg
Linkring color オリジナルサンキャッチャー
太陽の光が少しでも当たると お部屋に虹色の光が降り注ぐ

その小さな虹がお部屋の中でゆれて とっても幻想的な空間へ

blog suncat.jpg

光が入りにくいお部屋でも 窓際に少し光が差すだけで

乱反射した光を部屋の奥まで運んでくれます

なので風水的にも効果があるので お守りとしても使われているほど


これからの季節 もっとサンキャッチャーを楽しめます


posted by 雪 at 23:00 | Comment(0) | てづくりの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年01月23日

編み物の日


昔はもっと陽性体質だったので家に居ることはあまりなく
400ccを500ccに改造したバイクに乗って遠出ばかりしてました
今では考えられな〜い !
食事を変え体の陽もだんだん抜けてきて 行動も感情も落ち着き 
人ってこんなに変わるんだなぁと我ながら興味津々

最近の趣味はヨガ 瞑想 アロマ 読書 絵を描いたりとかですもんね
今はお家に居る方が心地良くていいです♪

そしてひさしぶりに編み物してみました
何でも作るのが好きで手作りできるものはやってみたい

今回はお父さんのニットキャップです
料理でもなんでもあまり本など見ず感覚でやっちゃうんで
ちょっと形が変ですがこんな感じになりました

ニットキャップ.jpg

以前編んだ手袋とおそろいみたいになって 良かった〜


posted by 雪 at 17:13 | Comment(0) | てづくりの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。